診療案内:インプラント

診療案内:インプラント

もう一度しっかり噛める歯を手に入れたい方へ

https://arcus-dental.com/%e8%a8%ba%e7%99%82%e6%a1%88%e5%86%85/implant.html/

インプラント治療は、虫歯や歯周病、事故などで失ってしまった天然歯の代わりに人工歯を植立し、お口の機能を保つ治療です。入れ歯やブリッジと比べ、違和感のなさ、咀嚼力の強さ、審美性の高さなど多くの優れた点が挙げられる反面、費用の高さや外科処置を要することから、インプラントを躊躇している方がいらっしゃるのも事実です。

精密な検査・診断のもと、安全な方法でインプラント治療を行えば、10年、20年と良質なインプラントを使うことができます。当院では事前に口腔内をくまなく検査し、インプラント治療に適した口内環境に整えてから、精密機器と磨いてきた技術を用いたインプラント治療をご提供します。インプラントをご検討中の方は、是非一度、当院へご相談下さい。


インプラントをより長くお使いいただくために

https://arcus-dental.com/%e8%a8%ba%e7%99%82%e6%a1%88%e5%86%85/implant.html/

インプラント治療によって失われていた口腔機能が蘇り、天然歯があった頃の快適な生活を再び送れるようになります。しかし、インプラント治療はとりあえずインプラントを埋め込めば良いという簡単な話ではありません。処置前の検査で虫歯や歯周病などの別の歯科疾患が見つかった場合、そちらを先にしっかりと治しておく必要があります。インプラントを埋入するのは顎の骨の中ですので、歯肉や顎の骨の状態が良くなければ、最悪の場合インプラントが脱落してしまう恐れがあります。そのため、当院の方針として「先にお口の中の問題を解決してからインプラント処置に移る」ことを前提としたインプラント治療を行っています。


メンテナンスではインプラント周囲炎を予防します

https://arcus-dental.com/%e8%a8%ba%e7%99%82%e6%a1%88%e5%86%85/implant.html/

天然歯が歯周病にかかるのと同じ理由で、お口の中に汚れや細菌が溜まると、インプラントもインプラント周囲炎という病気にかかります。上記でも触れた通り、インプラント治療の前に歯周病治療を行っていないと、インプラント周囲炎のリスクは大幅に高まります。症状も通常の歯周病とほとんど変わりませんが、インプラント周囲炎の恐ろしいところは、歯周病以上に自分自身で症状に気付きにくいところです。症状の進行に伴う痛みを感じにくく、炎症も起こしにくいため、膿や出血が相当ひどくなるまで放置してしまうケースが多く見受けられます。さらに恐ろしいことに、インプラント周囲炎は歯周病の何十倍もの速さで進行します。骨吸収が進むと骨の中に埋まっていたインプラントが露出し、最終的には抜け落ちてしまいますので、治療後もきちんと歯科医院でメンテナンスを受けることが重要です。


当院のインプラント治療について

安心・安全なインプラント治療のために、当院では信頼できるメーカーのインプラントを採用し、患者様にとって負担の少ない方法でインプラント埋入処置を行っています。

京セラ・インプラントを使用

https://arcus-dental.com/%e8%a8%ba%e7%99%82%e6%a1%88%e5%86%85/implant.html/

当院では国産メーカーとして最も歴史のある京セラ社製のインプラントを取り扱っています。日本人の小さな顎に適した形態で世界的にも高い評価を得ています。インプラントの表面には化学処理されたチタンを使用しており、骨の治癒能力を促して骨形成を早め、短期間でインプラントと骨の結合を実現します。また、インプラントの周囲の骨吸収を抑えつつ骨組織の再生を促し、長期間安定した状態を保ちやすいのも特徴です。


サージカルガイドを用いた正確な治療

https://arcus-dental.com/%e8%a8%ba%e7%99%82%e6%a1%88%e5%86%85/implant.html/

インプラント治療では、CTで得られたデータをもとにPC上で治療のシミュレーションを行い、治療計画を決定します。この計画を実際の処置でもシミュレーション通りに行うために使用しているのがサージカルガイドです。サージカルガイドはマウスピースにところどころ穴が開いたような形をしておりますが、この穴はインプラントを埋め込むために顎の骨に開ける穴の位置や角度を示しています。手術中はこれを患者様のお口にはめ込み、穴が開いている通りにインプラントを埋入します。サージカルガイドの最大のメリットは、患者様のお身体への負担を最小限に抑えられる点です。精度の低い治療では顎の骨を目視するために歯肉を切開する必要があったり、誤って神経や血管を傷付けてしまう危険性がありますが、サージカルガイドを使用することで、正確かつスムーズに処置を終えることができます。


骨の量が少ない場合は骨再生治療を

https://arcus-dental.com/%e8%a8%ba%e7%99%82%e6%a1%88%e5%86%85/implant.html/

顎の骨の中に完全にインプラントを埋め込むには、ある程度の骨の幅と高さが必要になります。もともと日本人は欧米人に比べて骨が薄い傾向にありますが、歯が抜けてしばらく時間が経っている場合や歯周病が進行している場合は、骨が吸収されてしまっているためにすぐにインプラント治療を行うことができません。そのようなケースにおいては、骨再生治療によって不足している部分の骨を補います。基本的には骨を増やしたい場所に骨充填材を流し入れ、時間をかけて骨組織の再生を待ちます。レントゲンを撮り、骨が十分に再生されたことが確認できたら、インプラント埋入処置に移行します。


医療費について

ご本人、または生計をともにするご家族が年間で支払った医療費が合計10万円以上の場合、確定申告時に医療費控除を受けることができます。美容目的の治療ではない場合、かつ領収書等の必要書類が用意できる場合に申告が可能で、申告後、総所得額に応じて還付金額が決定します。

具体的にはインプラント治療や子どもの発育を妨げる歯並びの矯正治療、入れ歯治療などが対象になります。詳しくは当院のスタッフまでお尋ねください。

お問い合わせ

Contact

受付時間9:30-13:00/14:30-18:30 休診日日曜・祝祭日
※土曜日は17:30までの診療